高血圧ハレヤマのはなし

福島県立医科大学医学部卒研修医一年生。 医学生向けの参考書などについて感想を書いていますのでぜひ読んでいってください。

MENU

僕のはなし

こんばんは。高血圧ハレヤマです。

福島医大の医学部六年生です。

 

ブログを始めたものの、書いてる人がどんな人か分からないと参考にしづらいと思ったので自己紹介させてください。

 

まずは、僕が医学部に入ることになった理由から書かせてもらおうと思います。


中学生時代の僕の将来の夢は学校の先生になることでした。
でもその時得意だった数学とか、理科の先生になりたい訳ではなく、自分が興味ある分野を勉強してそれを伝えられる人になりたいなと思いました。

そんな中で勉強していくうちに人間の身体のことに興味を持ち始めました。

 

高校では理数系に重点を置いたところに入って医学部を目指すことにし、宮城出身だったこともあったのでまずは東北大を目標にしていましたが途中で学力的に東北の地方国公立大を受験することにしました。
センターは84%で、やはり宮城に近い山形大を現役の推薦、前期、後期と受けましたが総落ちしました。辛いですね。
河合塾で浪人しましたがセンターは87%とさほど伸びず、もう一度前期で山形を受け不合格。こりゃもう一年かなと思いましたが後期で福島医大に拾ってもらうことになりました。ありがたや。

 

仙台に住んでいた頃は山形は近いけど福島はそれよりも遠いというイメージがありましたがむしろ逆で、新幹線を使えば仙台福島間で18分くらいでした。超近いです。

 

大学生活ではテストは落ちないけども、学年の上位25%くらいの成績で、もともと参考書マニアだったこともあり、レビューが書けるくらいの人になろうと勉強したので成績はちょっと上がって、CBTは89%でした。
その後はそのままの勉強で今に至ります。

 

あまり勉強法について書くのは偉そうな感じがするのでしたくありませんが、後輩たちへ心からのオススメが一つあります。

どの教科でも、自分のその時点での理解度に合わせた参考書を使うことです。

自分の理解力も大事ですが、その教科の理解度に合わせた参考書を使うのはもっと大事です。簡単に言うと、初心者は初心者向けの参考書を使えば良いってことですね。
参考書によってターゲット層が異なります。ほとんどの参考書が理解度に合っていれば良い本だと思いますが、よくわかってない時期に先生からオススメされた上級者向けの本を買うのは自分の首をきつく締めることになります。
右も左もわからない初心者の時にはその時用の優しい参考書を使うべきです。きっとその参考書を見て偉い先生、先輩は馬鹿にしてくるかもしれません。それはその人達が理解度がより高いところからその教科書を見てるからです。

優しい参考書でも嘘が書かれてなければ私達の味方です。

僕は知識の量は人より多いとは思いませんが、奨学金を趣味の参考書集めにほとんどブチ込んだので、他の人よりも多く持ってますし、読んでる自信ががあります。

 

このブログには僕が使った本をどの時期に使えばいいかオススメとともに載せてます。

僕はタイミングを間違えて買ったりしましたが、このブログを読んでくださる皆さんには間違って欲しくないのでぜひ読んで頂けたらと思います。

 

レビューを書くときはいつも軽く見返してから書いていますが、旅行中なのでなかなか更新できません。

旅行から帰ったら引き続き書かせていただきます。早めに書いたほうがいい教科などありましたら名前はいらないのでコメントなど頂けたら嬉しいです。

 

今日も読んでくださってありがとうございました。

国家試験受験のはなし

こんばんは。高血圧ハレヤマです。

 

出発から打ち上げまでが国家試験ということで、昨日の夜で僕の国家試験が終わりました。

せっかくなので受験した感想を書いておこうと思います。

成績的には全体で模試より10%くらい下がってしまったので残念でしたが、とりあえずマークミスがなければ受かっていそうで安心しました。

 

 

前日

僕は国試対策委員だったこともあり、当日の出発式で宣誓し仙台へ向かいました。緊張しまくりでしたが後輩たちの見送りのおかげで落ち着けました。ありがとう。

MECのLAST MESSAGEを受講したんですが、孝志郎の授業は的中率、メンタルケアの良さ的に受けて大正解でした。心から後輩たちには受講することをおすすめします。

 

夕飯は勉強会の友達と牛タンを食べ、ビールを一杯だけ飲んでホテルへ。

MECの前日予想メールを勉強会のみんなで集まって確認してから寝ました。

 

1日目

福島医大はホテルからバスが出発するとき、後輩の国対委員が芸出しで見送ってくれるので落ち着いて会場入りできました。

それなのに最初のAブロックで試験監督の説明を聞いている間にうっすらと透けて見える1ページめの問題に絶望し、俗にいう『国試せん妄』が始まりました笑

受けてる間は7割取れてるか心配なくらいの手応えでやっぱり模試とは違うなあって思いながら最後のブロックまで解き切りました。

朝6時に起きて試験時間が6時半までですからかなりの体力、精神力勝負でした。

ホテルに戻ってからはどうしても心配だったので、どの先生からもやるなと言われていた自己採点をしてしまいました。

試験時間中に感じていたよりは取れていたので、2日目はある程度やれば大丈夫だと思えて、結果的には自己採点して良かったです。

でももしこれで採点結果が悪かったらメンタル的に大変なことになっていたので、後輩には初日の自己採点はおすすめしません。

 

2日目

最初のDブロックは落ち着いて解けましたが、なかなか必修のEブロックの臨床問題で迷う問題が多かったのでヒヤヒヤしました。

最後のブロックは84問を2時間35分で解くという地獄のような設定で疲れた身体と精神が悲鳴をあげながらなんとか解いたという感じでした。

 

全体として

終わってみれば問題の難易度的には普通だったのに、体感的にはどの模試よりも難しく感じて結果も出ませんでした。

本番では白黒がはっきりしないグレーな問題に心を乱され、せっかく最初に選んだ答えは合ってたのに最後の見直しで自分のことが信じられなくなって選択肢を変えてしまう問題が多々あり4%くらいは失点してしまいました。

せっかく本番までの勉強を頑張ったんだから、最後までちゃんと自分を信じることが大事だなって思います。

後輩のみなさんには、僕みたいにもったいない失点をしないようにしてほしいです。

 

最後に 

これからもここで僕が使った参考書の感想を書いていきます。ぜひ読んでいただけたら嬉しいです。

他のサイトだと不特定多数の人にレビューを書いてもらったり、読んでもないのに広告収入のために高い本をおすすめする記事を書いてあるサイトもあります。

記事内で僕が扱っている参考書は僕が一回読んだものだけです。おすすめしないものもみなさんが無駄金を使わなくて済むように載せたいと思います。

おすすめしているものは僕が責任持って心からおすすめする参考書です。

 

後輩のみなさんが僕みたいに『国試せん妄』にかかって大量失点してもとりあえずはボーダーを超えれるように一生懸命記事を書くので参考にしてもらえたら嬉しいです。

 

今日も読んでくださってありがとうございました。

 

神戸大学感染症内科版TBLのススメ

今日は『おすすめの本』のはなしです。

 

いつもの教科別の参考書の紹介ではなく、一冊の本の紹介です。

 

『神戸大学感染症内科版TBL: 問題解決型ライブ講義 集中!5日間 』¥4,860

神戸大学感染症内科版TBL: 問題解決型ライブ講義 集中!5日間

神戸大学感染症内科版TBL: 問題解決型ライブ講義 集中!5日間

 

 
神戸大学医学部4年生を対象にTeam Based Learning方式で行われた感染症講義が書籍化されたもので、あふれる臨場感が魅力の本です。

この本では感染症治療のプロが厳選した臨床問題に学生が挑んでます。

でも『病気とはどんな状態のことをいうのか』とか、いまいちよく分からないことを考えるところに始まり、『本当の問題解決とはなにか』といったことを対話形式でその答えを導きだします。(問答法ってやつでしょうかね)

感染症の知識はもちろん、臨床推論の方法や検査の価値判断についてなど、まだ知らない人はもちろん、授業でやったけどなんとなくで終わらせていた人にはもう一回考えるきっかけを与えてくれる本です。


学生のうちに読んでおかないと絶対後悔する本です。医療系の学生じゃなくても、思考プロセスの訓練について書かれている本なのでどんな人にも読んでほしいです。

ちなみに、うちの学校だとテュートリアル(誤字ではない)って科目でやらせたいことをやっている本で、この本を読んだ後はスマートさのある思考ができるようになると思います。


今日も読んでくださってありがとうございました。

整形外科の教科書選びのススメ

こんにちは。高血圧ハレヤマです。
 
今日は『整形外科の参考書』のはなしです。
 

まず最初に何冊か挙げて各々についての感想を述べた後、最後に総評を行います。

 
 
書名はamazonへリンクさせていますので気に入れば注文しちゃってください。
リンクから買っていただくと僕に3%のポイントが入ります。どうせ買うならどうかお恵みを。
 

『医師国家試験のためのレビューブック マイナー』 ¥6,480

医師国家試験のためのレビューブック・マイナー2017-2018

医師国家試験のためのレビューブック・マイナー2017-2018

  • 作者: 国試対策問題編集委員会
  • 出版社/メーカー: メディックメディア
  • 発売日: 2016/10/04
  • メディア: 単行本
 
整形外科も載ってます。持っててよかった。
でも整形外科はガミエルがあるので眼科などと比べると、そこまでこれは使いませんでした。
でも他の教科同様に、穴埋めの問題集としても使えます。
 

『病気がみえるvol.11 運動器・整形外科』 ¥4,104

病気がみえるvol.11 運動器・整形外科

病気がみえるvol.11 運動器・整形外科

 

マイナー科はガミエルシリーズに頼ることができませんでしたが、去年の6月についにこれが出ました。

オールカラーでこの値段はかなりやすいです。写真も豊富なのですごくいいです。検査や装具の写真があるから買って良かったなあと思ってます。

僕が苦手だったリウマチ性疾患についても分かりやすくまとまっていたので重宝しました。

 

『整形外科 (シリーズ まとめてみた)』¥3,024

整形外科 (シリーズ まとめてみた)

整形外科 (シリーズ まとめてみた)

 

何回か紹介してきました。まとめてみたシリーズです。

整形外科はガミエルシリーズが出たのでコレをオススメするかは迷いましたが、テストで聞かれるような疾患のイメージをつけるのはこれが最高ですね。
整形外科の勉強を始める前にアップとしてこれを読むことを強くオススメします。
 

 『STEP 整形外科』¥5,292

STEP整形外科 (STEP Series)

STEP整形外科 (STEP Series)

 

僕が4年生の時は使ってましたが、ガミエルシリーズが出た今にはオススメはしません。

でも文主体で勉強したいって人にはいいと思います。

STEPシリーズの他の教科よりは読みやすかったですので悪い本ではないですよ。

 

総評

自分では『整形外科(シリーズ まとめてみた)』と『病気がみえる』を買う。先に『まとめてみた』を読んでテスト対策をやってわからないところを『病気がみえる』で調べるのがいいのではないかと思います。

 
今日も読んでいただいてありがとうございました。
 
 
 

模試受験のススメ

こんにちは。高血圧ハレヤマです。

 

今日は『模試』のはなしです。

 

国家試験に向けていろんな模試があります。

基本的にメックとテコムの2大予備校が出しているものを受けることになります。

模試は受けすぎても復習がおろそかになるから良くないよって意見もありますが僕は見たことない問題に対して解答をひねり出す緊張感は模試でしか味わえないので、できるだけ受けた方がいいんじゃないかなって思います。

福島医大だとテコムの2回と4回が強制受験で、大きい部屋でみんなで受けますが、それ以外は各々が自宅で受けることになっています。

一斉受験でなければ、受験する時間にはある程度融通が利くので自分の予定に合わせて受けることができるのがいいですよね。

6年生向けじゃないものでも、CBT模試や5年生模試など色々ありますが余程のことがない限り、受けて損はないと思います。その結果で一喜一憂しちゃうのはもったいないですが。

僕はできるだけ受けることにしていました。こんな感じです。

 

 

メック模試

f:id:ihareyama:20180203071449p:plain

f:id:ihareyama:20180203071513p:plain

f:id:ihareyama:20180203071527p:plain

f:id:ihareyama:20180203071545p:plain

 メック模試は解説が分かりやすくて、復習がしやすかった印象でした。 

 

 

テコム模試

f:id:ihareyama:20180203070835p:plain

f:id:ihareyama:20180203070857p:plain

f:id:ihareyama:20180203071020p:plain

f:id:ihareyama:20180203070941p:plain

テコム模試は3.4回は受験者数が多いですね。受験者が多ければ自分の受験時点での勉強の進み具合を他の人と比べることができるので、その点はいいですよね。

 

最後に

結局は本番でどれだけできるかが勝負なので模試で余程変な問題が出たわけでなければ、できなかった部分を一つ一つ潰すのが大事です。ラストスパート頑張ろうと思います。

112回を受験する方は残りの時間でできるだけ詰めて、本番まで辛いですが一緒に頑張っていきましょう。

 

今日も読んでくださってありがとうございました。

皮膚科の教科書選びのススメ

こんにちは。高血圧ハレヤマです。
 
今日は『皮膚科の参考書』のはなしです。
 
皮膚科も眼科と同様に、テスト対策などでは覚えなきゃいけない疾患数が他の教科より少なくて勉強がしやすい科目ですが、典型的な画像を見て、イメージをつけながら勉強していきたい科目ですね。
全身性の病気の初発症状が皮疹として出て来ることもありますから、しっかり勉強しておきたいです。
 
 

まず最初に何冊か挙げて各々についての感想を述べた後、最後に総評を行います。

 
 
書名はamazonへリンクさせていますので気に入れば注文しちゃってください。
リンクから買っていただくと僕に3%のポイントが入ります。どうせ買うならどうかお恵みを。
 

『医師国家試験のためのレビューブック マイナー』 ¥6,480

医師国家試験のためのレビューブック・マイナー2017-2018

医師国家試験のためのレビューブック・マイナー2017-2018

  • 作者: 国試対策問題編集委員会
  • 出版社/メーカー: メディックメディア
  • 発売日: 2016/10/04
  • メディア: 単行本
 
やっぱり皮膚科でも使えます。持っててよかった。
レビューブックは基本的にうちの学校の四年生なら持っておくべき一冊だと思います。眼科だけじゃなく皮膚科などの俗に言うマイナー科については僕たちの味方、ガミエルシリーズがありませんから、これで戦うのが一番コスパが良いなと思います。他のシリーズ同様、穴埋めの問題集としても使えます。
ですがこれだけだとテストはなんとかなっても、疾患の詳しい発症機序などについてはこれだけではなかなか対応できません。
以下に説明が豊富のオススメ参考書を載せますね。

 

『あたらしい皮膚科学』 ¥8,424

あたらしい皮膚科学

あたらしい皮膚科学

 

オールカラーで写真も豊富なので良いなと思います。僕は4年の時はこの前の版を使ってましたが、改訂版の発売が今日だったんですよね。

前の版と比べて写真が増えたのと治療法が増えた病気について、アップデートされてる印象でした。

試験などで病態生理をしっかり聞かれるならこのクラスの参考書を持っててもいいんじゃないかなって感じです。辞書的に使うならこれをお勧めします。

 

『皮膚科 (シリーズ まとめてみた)』¥3,024

皮膚科 (シリーズまとめてみた)

皮膚科 (シリーズまとめてみた)

 

やっぱ読みやすいんじゃ〜

眼科でもおすすめしましたね。まとめてみたシリーズです。
お手ごろ価格な上に、名前の通り、もうまとまってるんですよね。
自作のノートを作るのがもったいないくらいにまとまってます。
勉強を始める前にこれを読むことを強くオススメします。
皮膚の層構造分かりやすく説明してくれてます。

 

 『ジェネラリストのための これだけは押さえておきたい皮膚疾患』¥4,320

ジェネラリストのための これだけは押さえておきたい皮膚疾患

ジェネラリストのための これだけは押さえておきたい皮膚疾患

 

これはなんとなく本屋さんでパラっと立ち読みしてたら内容、レイアウトが良かったので買っちゃいました。

「こんな患者がアナタの前に!」という画像付きの臨床問題がいっぱい載ってます。タイトルは学生向けじゃない感じがしますが学生レベルでも全然読めちゃいます。

 

総評

自分では『皮膚科(シリーズ まとめてみた)』と『医師国家試験のためのレビューブック マイナー』を買う。テスト対策をやっててその2冊で対応できなさそうなら『あたらしい皮膚科学』は買うのがいいのではないかと思います。

画像の豊富な臨床問題やりたいって人には『ジェネラリストのための これだけは押さえておきたい皮膚疾患』をお勧めします。
 
今日も読んでいただいてありがとうございました。
 
 
 

OSCE対策の教科書選びのススメ

こんばんは。高血圧ハレヤマです。

 

今日は『OSCE対策の参考書』のはなしです。

ただ、医学知識を聞かれるだけのCBTとはちがって、実際に診察手技を身につけないとOSCEは合格できません。

各大学で実技の見本動画が見られるようになってるかとは思いますが、それだけだとやっぱり不安ですよね。

その不安を解消するための本を紹介させてもらいますね。

 

だいたいOSCE練習はグループでやると思うので、今日紹介させてもらうものは1グループに1冊あればいいかなって感じです。

 

画像はamazonへリンクさせていますので気に入れば注文しちゃってください。

リンクから買っていただくと僕に3%のポイントが入ります。どうかお恵みを。

 

 

『診察と手技がみえる vol.1』¥6,480

診察と手技がみえる〈1〉

診察と手技がみえる〈1〉

  • 作者: 古谷伸之
  • 出版社/メーカー: メディックメディア
  • 発売日: 2007/12
  • メディア: 単行本
 

手技みえって呼ばれてますかね。無難に豊富な写真で説明がされてます。グループで練習するなら一冊はあったほうがいいです。

バイタル測定とか、侵襲の少ない手技についてはこのvol.1でカバーしています。 

 

『診察と手技がみえる vol.2』¥6,480

診察と手技がみえる vol.2

診察と手技がみえる vol.2

  • 作者: 医療情報科学研究所
  • 出版社/メーカー: メディックメディア
  • 発売日: 2010/03
  • メディア: 単行本
 

静脈採血や尿道カテーテル挿入などの比較的侵襲の多い手技についてはこのvol.2でカバーしています。 

福島医大の人だと6年生で受けるAdvanced OSCEで必要になってきます。

ここまで紹介した二冊は正直、誰でも知ってると思います。

もっといいのがあるんです。

 

『ねじ子のぐっとくる体のみかた』¥1,728

ねじ子の ぐっとくる体のみかた

ねじ子の ぐっとくる体のみかた

  • 作者: 森皆ねじ子
  • 出版社/メーカー: 医学書院
  • 発売日: 2013/07/29
  • メディア: 単行本
 

作者は医師兼漫画家の森皆ねじ子さん。手技みえは写真での説明ですがこちらはわかりやすい漫画です。他の教科の勉強のあとに息抜きとして読めば同時に勉強もできちゃいます。心音の説明とかもわかりやすくて、循環器の勉強にも使えます。この『ぐっとくる』ってシリーズは一人一冊持っていてもいいと思います。

 

『ねじ子のぐっとくる脳と神経のみかた』¥1,728 

ねじ子の ぐっとくる脳と神経のみかた

ねじ子の ぐっとくる脳と神経のみかた

  • 作者: 森皆ねじ子
  • 出版社/メーカー: 医学書院
  • 発売日: 2013/11/11
  • メディア: 単行本
 

ねじ子さん天才かよ…って感じです。

上の本とセットで持っておきたいですね。 これを読んだあとはMMTなどに自信が持てますよ。

  

『ねじ子のヒミツ手技 1st Lesson』¥2,376

ねじ子のヒミツ手技 1st Lesson

ねじ子のヒミツ手技 1st Lesson

  • 作者: 森皆ねじ子
  • 出版社/メーカー: エス・エム・エス(インプレス)
  • 発売日: 2009/06/29
  • メディア: 単行本
  • 購入: 7人 クリック: 75回
 

このヒミツ手技シリーズもいいですね。採血や腰椎穿刺、尿道カテーテル挿入などの手技が載ってます。Advanced OSCE前には持っててもいいかもしれません。

 

『ねじ子のヒミツ手技 2nd Lesson』¥2,376

ねじ子のヒミツ手技 2nd Lesson改訂版 (ナース専科)

ねじ子のヒミツ手技 2nd Lesson改訂版 (ナース専科)

  • 作者: 森皆ねじ子
  • 出版社/メーカー: エス・エム・エス(インプレス)
  • 発売日: 2013/03/27
  • メディア: 単行本
 

バイタルサイン測定や心肺蘇生法ならこれです。

夜間の骨折や脱臼の処置などについても載っているので研修医になってからも使えると思います。 

 

総評

『ねじ子のぐっとくる体のみかた』と『ねじ子のぐっとくる脳と神経のみかた』を自分で買う。

もちろん『手技がみえる』は買って損はありません。やっぱり写真で確認したいときがありますので。余裕があるなら自分で買えばいいですけど、そうじゃなければ何人かでお金を出し合って買うってのもいいと思います。図書館で借りてもいいですね。

Advanced OSCE前には『ヒミツ手技』を買ってみてください。

 

今日も読んでくださってありがとうございました。