高血圧ハレヤマのはなし

福島県立医科大学医学部卒研修医一年生。 医学生向けの参考書などについて感想を書いていますのでぜひ読んでいってください。

MENU

消化器内科の参考書選びのススメ(ハリソン、朝倉内科のはなし)

こんばんは。高血圧ハレヤマです。

今日は入社式とオリエンテーションでした。緊張しまくりでヘトヘトですが、気分転換に記事を書きましたので、どうかお付き合いください。

 

大学も無事卒業でき、初期研修医一年目となりましたが、僕のオススメ参考書は基本的に医学生の後輩に向けたものをこれからも書いていきますのでよろしくお願いします。

 

 

今日は『消化器内科の参考書』のはなしです。

 

と、偉そうに始めましたが実は僕、学生時代には消化器の教科書をガミエルシリーズしか買ってませんでした…

大学のテストは過去問などの先輩方からの遺産で乗り越えましたが、実習のレポート作成のために使った内科学の成書についても、いい機会なので紹介させてください。

内科学の成書はいくつかありますよね。ハリソン内科学とかが有名でしょうか。

 

 

この記事はガミエルシリーズだけでなく、それとは違った、文主体の教科書で勉強がしたい人や、もう少しだけ踏み込んで勉強したいって人に参考にしてもらえたら嬉しいです。

 
書名はamazonへリンクさせていますので気に入ればぜひ注文しちゃってください。
リンクから買っていただくと僕に3%のポイントが入ります。どうせ買うならどうかお恵みを。
 

 

『ハリソン内科学』 ¥32,184

ハリソン内科学 第5版

ハリソン内科学 第5版

 

まずはハリソン内科学です。有名で、憧れの本って感じです。

このハリソン内科学という本は、例えば実習で当たった患者さんのレポートを書くために使うには最高の本だと思います。

ですがもし、すべての疾患をこれで勉強しようとする医学生がいたとしたら、僕はオーバーワークすぎるのでやめた方がいいと止めます。無理です。

症候学などを含めて大事な記載が豊富ですが、かなり覚悟を持って読まないと読み進めることは難しいですし、小さい文字主体のレイアウトも相まって国試対策などで通読するのは難しいと思います。

とはいえ、金銭的に余裕があればお守りとして買うのもありだと思います。笑

買うとなんとなく身が引き締まった感じがします。

 

 

『朝倉内科学』 ¥28,944 

内科学 【机上版】 (第11版)

内科学 【机上版】 (第11版)

  • 作者: 矢崎義雄,赤司浩一,渥美達也,伊藤裕,稲垣暢也,神田隆,木下芳一,工藤正俊,小室一成,須永眞司,南学正臣,長谷川好規,松本哲哉,楽木宏実
  • 出版社/メーカー: 朝倉書店
  • 発売日: 2017/04/11
  • メディア: 大型本
  • この商品を含むブログを見る
 

次にこれですね。朝倉内科学。

先程扱いました、ハリソンなどの翻訳本とは違うので、読みやすさはこちらの方がいいです。僕だったらガミエルシリーズと朝倉をセットで買いますね。

オールカラーで写真もしっかり載っていて、文字の大きさがそこそこあるので、勉強していても小さい文字を読み続ける辛さは少ないです。

この本のイメージはガミエルシリーズの文章記載が豊富になったものだと考えてもらえれば良いです。

学内のテスト対策にももちろん使えますし値は張りますが、内科全般のいろんな教科で使えるので、ガミエルシリーズで物足りないって人には良いと思います。

 

『病気がみえる 1巻』¥3,888

病気がみえる 〈vol.1〉 消化器

病気がみえる 〈vol.1〉 消化器

 

  正直これはやっぱり買っておいたほうが良いと思います。二年前の改訂で内視鏡検査や画像検査などについての記載がかなり豊富になったので、ガミエルシリーズの中でもオススメの一冊です。

 

『医学生・研修医のための 画像診断リファレンス』¥4,536

医学生・研修医のための 画像診断リファレンス

医学生・研修医のための 画像診断リファレンス

 

最後に紹介するこの本は一週間くらい前に発売された画像診断の参考書なんですが、医学生向けで、半端じゃなく読みやすくて消化器内科の勉強にも使いやすい本でしたので紹介します。

全身の画像検査が臓器ごとに章分けされていて各章の最初には画像解剖の説明と画像に対するアプローチ法が載っています。

もちろんいろんな教科で使えてコスパがめちゃくちゃいい本なので、皆さんもこれをどこかで立ち読みしたらきっと気に入って買っちゃうと思います。

 

総評

『病気がみえる』をメインの一冊として買う。文主体で勉強したいって人がいれば 『朝倉内科学』を他の教科のためにも買うか借りて使う。ってのがいいですね。

画像については『画像診断リファレンス』で勉強するのもいいと思います。

 

 

あと、本を買うときはamazonのprime student会員になるのがおすすめです。
書籍の購入で10%のポイントが付くのとお急ぎ便がタダになって、息抜きにいろんな映画を観たりすることもできます。
年会費は1900円ですが大学の書店で買うよりも安く、すぐに元が取れます。
本を買う時は一度どこかでぱっと読んでみてからamazonで買うってのがいい節約法だと思いますのでぜひ。

 

 

追記として前に書いた画像診断の参考書の記事を貼っておきます。

お時間があればこちらもどうぞ。

 

www.ihareyama.com

 

 

 

ビデオ講座のススメ

こんばんは。高血圧ハレヤマです。

 

今日はまず、医師国家試験のご報告をさせていただきます。

応援してくださった皆様のお陰で無事合格できていました。ありがとうございました。

これからは福島駅前の病院で研修させていただくことになりますが、ブログも頑張っていきますので引き続き読んでいただければ嬉しいです。

 

この記事は、医師国家試験の対策として多くの人が活用することになる『ビデオ講座』のはなしです。

なんとなく合格するまでは言いにくかったこの話題ですが、合格したので僕が思っていたことを共有できればなと思い、記事にさせてもらおうと思います。

 

実は僕はメック、テコムの二年間プランを5年生の時にとってQBをを買い、6年生でmedu4を買い足してしまったという、もったいないおじさんです。

そのため各種ビデオ講座の良い点と悪い点が少しは分かったので、これから書いていきます。

 

色んな方もブログやツイッターなどでコメントしてますので出来るだけ簡単にまとめたいと思いますが、伝えたいことは主に三つです。

 

 

こんなの誰でも言ってるやんけ。って内容ですが、そうなんです。本当だから誰もが言ってるんです。

少しだけお付き合いください。

 

ビデオ講座はとってもとらなくても、自分で勉強できるなら合格できる

まずこれなんですが、ほとんどの人がビデオ講座をとっている大学もあればとってない大学もあります。自治医大なんかはほとんどとってません。

でも先輩がビデオ講座とってるのに自分はとらないってのはなんとなく不安感があると思うので何かを取って、例年通りに自分の大学の校風に合わせて取るのがいいと思います。

 

どの業者のものを取っても合格できる

ビデオ講座を取ることにしても、業者選びで悩みますよね。

僕が5年の時には

「メックとテコムどっちにしよう…

先輩はテコム取ってた人が多かったけど三苫先生の話し方苦手だし、メックは良いって言われてたけど穂澄先生が抜けちゃったし…

もしどっちかにして失敗したら嫌だしなぁ」

って事で両方取ってしまいました。かなりの親不孝者ですよね。今はmedu4もあるのでかなりの人が悩むと思います。

当時の僕もやってなかったんですが、各予備校のサンプル動画を見てください。悩んでる人は予備校の名前と先輩からの噂を基準に悩んでることが多いと思います。

そんなギャンブルみたいな決め方はダメです。

 

自分に合ったものを使って勉強しないと効率が悪い

こんなこと、わざわざ言わなくても当たり前ですよね。

でもいざ取ってみたはいいものの後悔することが多々ありました。

僕の場合、テコムの三苫先生の声のトーン、進め方が合わないだけでなく、メックの渡先生の声も生理的にムリでした。

頑張ってみようと思っても聞きづらいせいか集中できず、時間を使った割に1コマも見終わらない日が続きました。

結果テコムは臓器別の循環器だけを見終わった状態で、メックは臓器別は1コマ見て終わりました。

最終的にQB主体にガミエルなどで調べる感じである程度勉強できましたが、いわゆるメジャー科は5年生ではビデオ講座に頼れませんでした。

 

テコムはそのあとは手を付けていませんがメックは孝志郎先生の授業は僕にめっちゃ合っていたので小児やマイナーなどでは大満足でした。

 

一個前の章でも書きましたが、どの予備校のものをとっても問題ないんだからとにかく自分に合った先生が講義してるものを買うべきなんです。

それはサンプル動画を見なければ分かりません。どれだけ安かったり、合格実績がいいとか謳ってても関係ないです。結局合わなければ無駄金になってしまいます。

 

僕はそのあとは6年生での後期講座(サマライズ)が孝志郎先生だったのでとり、産婦などが不安だったのでmedu4を講座単位でいくつか買いました。

そのときにやっぱりmedu4の穂澄先生の授業が良いなと思ったので国試究極MAPなども続けて購入したりしました。

 

 

最終的に

結局はどちらかだけでとるというよりは、メック(孝志郎先生)とmedu4でお互いに足りない部分をやるのが良いのかなあという感想を今持ってます。

メックはサマライズだけでも良かったので、メインがmedu4で、6年の後期講座だけメックを取るのが精神衛生上もいいと思うのでおすすめです。

穂澄先生信者の人にも孝志郎先生は強くおすすめします。

 

あとは、もう違うの取っちゃったって人でも自分にあってればそのまま頑張ればきっといい結果が待ってますので僕の記事なんか気にしないで突っ走ってください。

取っちゃったけど自分にあってなかった…って人は早めの切り替えも視野にいれるのが良いと思います。

 

 

今日も読んでいただいてありがとうございました。

コメントやブックマークなどもお待ちしてます。

 

あと、このブログのツイッターアカウントもフォローしてもらえたら嬉しいです!

毎回更新の際にはツイートしてますのでもし良かったら下のリンクからフォローお願いします。

twitter.com

 

追記になりますが、 

下のリンクは、僕と同じく112回受験生のしめさばさんという方が、半端ない情報量とともに各予備校のレビューを載せてくれてます。

shimesaba-dr.hatenablog.jp

 しめさばさんの良いところは情報量はもちろんですが更に、知らないものは知らないと言ってくれているところですね。上のリンクの記事は、下級生には暇な時にでもぜひ読んで貰いたいものですのでぜひ。

英語の参考書のススメ(USMLE)

こんばんは。高血圧ハレヤマです。

 

今日は「英語の参考書」のはなしです。

 

国家試験でも英語問題は何問か出ますし、定期試験でも英語の問題は結構ありますよね。

この記事はそんな英語問題を拒絶しないようになってもらえたらいいなと思って書きました。

 

英語のテストは毎回ギリギリで受かった僕なのに今日紹介する本を使ってみたら、英語問題への拒絶感はありません。もちろん分からんもんは分からんですけども。笑

 

医学部の先生たちって英語をいっぱい使って授業してくれますよね。僕は日本の大学なんだから全部日本語でやってくれってずっと思ってました。

でも2年半くらい前にUSMLEっていうアメリカの医師国家試験についての情報を目にして参考書オタクの血が騒ぎ、いくつか本を買ってしまいました。

 

続きを読む

腎臓内科の教科書選びのススメ

こんばんは。高血圧ハレヤマです。


今日は『腎臓内科の参考書』のはなしです。

 

腎臓内科ってなんとなく苦手って人が多いですよね。

テストでも糸球体の病理像に拒絶反応を示す人も多い印象ですが、基礎をわかりやすい本で勉強すれば、苦手意識がなくなります。

今日紹介させてもらう本は他の教科を含めて、これまで紹介させてもらったものの中でもめっちゃ読みやすいのでおすすめです。

 

続きを読む

呼吸器の教科書選びのススメ

こんばんは。高血圧ハレヤマです。

 

今日は呼吸器の教科書選びのはなしです。

 

いつも通り、まず最初に何冊か挙げて、各々についての感想を述べたあと最後に総評を行うという形で紹介しますね。

 

書名はamazonへリンクさせていますので気に入ればそこから飛んで注文しちゃってください。

リンクから買っていただくと僕に3%のポイントが入ります。せっかく買うならお恵みを。

 

 『病気がみえる 4巻』¥3,780

病気がみえる vol.4 呼吸器

病気がみえる vol.4 呼吸器

 

やっぱりガミエルシリーズは読みやすくてオールカラーなのに安い。買うべき一冊ですね。

呼吸器でも解剖生理のところはイラストの説明のおかげで最高です。

 

『iMedicine 2 呼吸器』¥5,616

iMedicine 2 呼吸器

iMedicine 2 呼吸器

 
循環器のときにも紹介させてもらったiMedicineシリーズです。文主体で勉強したい人にはこちらをオススメします。
ただ発行年度が2009年と少し古いのは少し悩みどころです。
理屈好きのための一冊って感じでしょうか。

 

『レジデントのためのやさしイイ呼吸器教室』¥4,860

レジデントのためのやさしイイ呼吸器教室[ベストティーチャーに教わる全27章]改訂第2版

レジデントのためのやさしイイ呼吸器教室[ベストティーチャーに教わる全27章]改訂第2版

 

これは症候、検査、画像診断、治療法について優しく説明してくれている一冊です。

人工呼吸器の設定や血ガス分析などについてもしっかり触れてくれているのでコスパがいい本といえますね。

 

『レジデントのためのやさしイイ胸部画像教室』¥4,644

 画像診断の教科書選びで紹介させてもらったこの本ですが、やっぱり呼吸器と画像検査は切っても切り離せません。なんとかして得意になるための一冊です。

上のリンクは4/20に発売予定の第二版のものですが、第一版も画像の読み方をわかりやすく説明してくれていましたので、お急ぎの方は第一版をどうぞ。

 

 総評

『病気がみえる』か『iMedicine』を自分の中でメインの一冊として買う。画像については『やさしイイ胸部画像教室』で勉強する。

ICUでの実習や、治療法についてよくわからない所があれば 『やさしイイ呼吸器教室』で調べるってのがいいですね。この本は胸部画像診断の基本についても触れてくれているので早めに買って読んじゃうのもいいと思います。

 

 

あと、本を買うときはamazonのprime student会員になるのがおすすめです。
書籍の購入で10%のポイントが付くのとお急ぎ便がタダになって、息抜きにいろんな映画を観たりすることもできます。
年会費は1900円ですが大学の書店で買うよりも安く、すぐに元が取れます。
本を買う時は一度どこかでぱっと読んでみてからamazonで買うってのがいい節約法だと思いますのでぜひ。
 

画像診断の教科書選びのススメ

こんばんは。高血圧ハレヤマです。

 

今日は大体の人がなんとなくで済ませてしまう「画像診断の参考書」のはなしです。

 

画像診断についての教科書はあまり買う人がいませんが、めちゃくちゃもったいないです。これから紹介する本で勉強してもらえればきっと画像問題が得意になります。

循環器、呼吸器など教科を問わず画像検査についての知識がなければ大学の試験はもちろん、国試などと戦うのはかなり厳しいです。

 

画像診断の教科書は買ったとしても他のいろんな教科で使えるので教科あたりの値段で考えるとかなりコスパがいいと思います。

今回はまず、単純X線検査(俗に言うレントゲン写真)、CTについて強くなれそうな本を紹介します。

 

最初に何冊か挙げて各々についての感想を述べた後、最後に総評を行います。

 
書名はamazonへリンクさせていますので気に入れば注文しちゃってください。
リンクから買っていただくと僕に3%のポイントが入ります。どうせ買うならどうかお恵みを。

 

 

『レビューブック・マイナー』¥6,480

医師国家試験のためのレビューブック・マイナー2017-2018

医師国家試験のためのレビューブック・マイナー2017-2018

 

何回か他の教科でも紹介させてもらいましたが、実は放射線科も載ってます。レビューブックのマイナーは正直画像診断の教科書としては使えませんが、単純X線やCT、MRIの原理が分かりやすく載ってます。

おそらく他教科のためにこの本はお持ちでしょうから、せっかくなのでこの本でまずは画像が作られる原理を学ぶのがイイでしょう。

 

『胸部X線・CTの読み方やさしく教えます!』¥3,888

胸部X線・CTの読み方やさしくやさしく教えます!

胸部X線・CTの読み方やさしくやさしく教えます!

 

この本はコストパフォーマンスがめっちゃイイです。書いてあることは文句ひとつありませんが、赤黒の単調な印刷なので、なかなか読み進めるのは辛いかもしれません。

そのために下の本をおすすめします。

 

『レジデントのためのやさしイイ胸部画像教室』¥4,536 (4/20に改訂予定)

レジデントのためのやさしイイ胸部画像教室[ベストティーチャーに教わる胸部X線の読み方考え方]

レジデントのためのやさしイイ胸部画像教室[ベストティーチャーに教わる胸部X線の読み方考え方]

 

タイトルには「レジデントのための」とありますが、この本はレジデントのためじゃないです。初学者の学生向きのいい本です。

加えてこの本は呼吸器内科の勉強が捗るようにもできています。

この本には一個上で紹介した、『やさしく教えます』とほとんど同じことが載ってますが、よりさらにやさしくてオールカラーにした最高な本です。実際の画像がなぜそのように出来上がるのかをわかりやすいイラストとともに説明してくれてます。

難点は4/20に改訂予定だということですが、第1版もかなりの完成度なので第2版を待たずに第1版を早く買って勉強することをお勧めします。他にやることがある人は待ってもいいかもしれません。

改訂版を買ったら更新しますね!

 

『レジデントのための腹部画像教室』¥4,104

レジデントのための腹部画像教室

レジデントのための腹部画像教室

 

これはちょっと研修医向けかもしれません。ある程度心血管系、消化管、肝胆膵領域の疾患概念が身についてから読むといいです。

 

『画像診断コンパクトナビ』¥4,104

画像診断コンパクトナビ―医学生・研修医必携 (コンパクトナビシリース)

画像診断コンパクトナビ―医学生・研修医必携 (コンパクトナビシリース)

 

この本は結構有名なので知っている人も多いかもしれません。

いろんな疾患を辞書的に調べるのにおすすめです。

今まで紹介した本でカバーできなかった頭頸部や整形外科領域についての疾患も載っています。

持っていて損はありませんし、勉強会のメンバーで一人は持っていてほしい本ですね。

 

総評

『レビューブック・マイナー』を買って画像検査の原理を覚える。

そのあと『やさしイイ胸部画像教室』を読んでテスト対策をやって、知らない疾患が出てきたら『画像診断コンパクトナビ』で調べるのがいいのではないかと思います。

 
今日も読んでいただいてありがとうございました。